スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Man On The Silver Mountain / RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW (1975)
2006-03-31 Fri 12:41
R-1st


Ritchie Blackmore's RainbowのLPを浮き足立ちながらレコード屋で買って家に着き、レコードに針を落として最初に聴く曲です。

お得意?のGm使用のリフ。
Ritchie御大のリフじゃ~って此処で泣いた人は通です!(笑)

Ritchie御大お得意の?リフが終わるとRonnieのボーカルが入ってくる。
パワフルさ、繊細さ…なんかボーカルをやるために生まれてきた方ではないかと思うほど素晴らしい声の持ち主!
とそんなボーカルに酔いしれている内にBメロ突入!
おぉRitchie御大お得意のアルペジオ風奏法が生きている!<ってこれライブじゃやってないみたいですけど…
タイトなドラムの上で絡み合う音とボーカルに酔いしれているといつの間にかギターソロに!
目を閉じて聴いているとRitchieが弾いている情景が。
Ritchie御大特有の弾き方、間の取り方がちゃんと物語に…
更に酔いしれている内にいつの間にかフェードアウト…

「おかわり!」って曲。

吟遊詩人が想ふRitchie節 Vol.001
この1曲目でこれで打ちのめされたファンも多いはず!
あぁRitchie御大変わってないなぁって嬉しくて泣く方もいたかも!

75年出したアルバムのこの曲…
途中Purpleが入りましたけど96年の再結成Rainbowまである時期の抜かせばほぼ演奏していた曲。
Ritchie御大の代表曲としては欠かせない1曲です。
スポンサーサイト
別窓 | Ritchie Blackmore | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Self Portrait / RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW (1975) | Maybe Next Time | ネット検索>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。