スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こだわりの機材その1 / Rock Palast 2009
2009-02-08 Sun 22:46
ST72M
ライブが終了し早2週間が過ぎました。
もう余韻もなく、現実を直視しながら政治家とは違ってせこせこと働いています。

それはさておき、今回のライブで使った機材を小出しに記載してみようかと。

メインで使用したギターは
Fender Japan / STRATOCASTER model '72
ペグ:シュパーゼルのロック式
ナット:カーボン
ピックアップ:レースセンサー×2(センターはダミー)
ギターシンセドライバー
あと、当然の如く指板はスキャロプト

実は91年当時のRitchieをやるにはピックアップが違うんですが、
最近は其の細かいところまで拘るための資金が…無いので諦めました。

でも、ボディの材質を除けばほぼRitchie仕様と言っても良いギターではないかと。

このギターは私が持っている中で一番古く購入したギターなんです。
もう21年前くらいに購入したと思います。
結構弾きやすくて良いのですが、この間のライブの時にストラップピンが壊れてしまって大きなアクションが出来なくなっちゃった!バスウッドの宿命か…結構弱いんですよね。

このギター、fender Japanから正式に72モデルが出る前に試しで作られたモノではないかと思っています。
72年モデルとの違いはそんなに無いのですが、
シリアルNoの書いてある場所が違うんです。
私のは75年製以降みたいにヘッドに記載、72年モデルはネックのジョイント部に記載されていましたねぇ。
スキャロプトも最初からあったんですよね。


ギターシンセを使う時期はアルバムを抜かすと終わってしまったので、
このギターをステージで使うことは少なくなりそうです。
スポンサーサイト
別窓 | music | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<こだわりの機材その2 | Maybe Next Time | 豚の角煮>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。