スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
諫早湾干拓、「失敗百選」に 文科省の外郭団体選定
2007-11-22 Thu 17:49
『国営諫早湾干拓事業(長崎)は、科学技術分野の歴史で重要な事故・失敗例として、文部科学省の外郭団体の科学技術振興機構(JST)がまとめた「失敗百選」に選ばれている。
JSTは、失敗から得られた知識や教訓を後世に生かすことを目的に「失敗知識データベース」を作成、インターネットで公開している。失敗百選は、そのなかでも特に「典型的な失敗例」とされる。
諫早については「ノリを始めとする漁獲高の減少など、水産業振興の大きな妨げにもなっている」と干拓による漁業被害を挙げ、「走り出したら止まらない公共事業という国民的批判と不信を生み出した」と指摘。諫早湾を分断した干拓堤防や調整池からの排水、干潟の消失などが原因と分析している。
さらに、将来のための教訓として、「国はある時期に実施決定した公共事業であっても、社会経済条件の変化について的確に再評価を行うべきである」とまとめた。
こうした評価について、農水省諫早湾干拓事務所は「農業面や防災面では高い評価を受けている」と反論する。
諫早のほかに失敗百選入りしたのは、タイタニック号の沈没(1912年)、日航ジャンボ機墜落事故(1985年)、スペースシャトル・コロンビア号の帰還失敗(2003年)など。
JSTの前身は科学技術振興事業団。失敗知識データベースは、5人の大学教授でつくる推進委員会(委員長=畑村洋太郎・東大名誉教授)が取り上げる事例を決定し、その指示を受けて専門の研究者らが執筆する。1136件の概要や経過、原因、死傷者数、社会的影響などが記載され、昨年度は国内外から約450万回の閲覧があった。』

この「失敗百選」って読んでみると、申し訳ないが面白い。
読んでいると結構時間があっという間に過ぎてしまう。
私が関わったのは「富士通HDD(ハード・ディスク・ドライブ)不良問題 (PDF)」でなんと4位だった!

まぁ百で済む問題でも無いのだけど…
これをバネにと言うことなのでしょう。
やはりロケットを含む航空機、原発の失敗が多く見られて、要は文明の利器が失敗を生んでいるみたいです。
で、その陰には必ずと言っていいほど国やら政治やらの公のモノが入っていると言うのもねぇ、納得しちゃうわけです。
所詮、税金を無駄に使って失敗を作っていると言った感じです。

でも、一歩譲って文明の利器だからまぁ次はちゃんとやってよ!と言ったところで、上記の「諫早湾干拓」に関しては農水省がバカな人間が溜まっているとでも言いましょう!
諫早湾干拓したらどんな状況になるか、ゆとり世代の若い者でわかると思いますよ!
農水省のおバカな奴が金に目が眩んで行ったモノなのでしょう。
「農業面や防災面では高い評価を受けている」って?そりゃ、公の前で「金に目が眩んだ」なんて言う奴はいくらおバカな農水省でもいないさ!
で、役所として税金を使ってのことなのだから、どこで高い評価を受けているのかをちゃんと証拠付ける義務が有るんじゃないか?
嘘だったら誰でも言えるんだよ!税金ドロボーが!
ほんと、民間人から強制的に税金を取って余計なことにしか使わんのだから困ったモノだ。
スポンサーサイト
別窓 | NEWS | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<<小泉チルドレン>次期衆院選で逆風「我々は使い捨てか」 | Maybe Next Time | 「混合診療」禁止は違法、東京地裁が国側敗訴の判決>>
この記事のコメント
もうこれは、九州人としては、『博多湾人工島事業』と並んでツートップなぐらいの、大失敗事業ですよ!!(怒!!)
国営諫早湾干拓事業も博多湾人工島事業も、税金をあれだけ無駄使いし、自然環境にまで大きな打撃を与えるなんて、!!
更に、未だに税金を投入し続けているなんて、本当に馬鹿げた話ですね!!

2007-11-22 Thu 19:21 | URL | 河村萠梨 #-[ 内容変更] | top↑
役所は馬鹿げたことしかやらないですねぇ。
公務員になる人間は10年以上民間企業で働き、功績を挙げた人間にしか慣れないと言う制約を付ければ今より税金を日本のために使ってくれることでしょう。
今の公務員…まず民間企業では殆ど役に立たないな。
使えない人間が多すぎる。
つまり税金をこんな使えない人間に給与として払われているわけです。
困ったモノですな!

ただ、公務員でも使える人間はとても忙しいらしいです。
と言うことを付け加えておきます。
v-130
2007-11-24 Sat 20:00 | URL | 吟遊詩人 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。