スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
36億申告漏れ指摘のハリポタ翻訳者、日本課税で当局合意
2007-06-12 Tue 13:02
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

『ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの日本語版翻訳者の松岡佑子さん(63)が翻訳料など約36億円の申告漏れを指摘された問題で、日本とスイスの両税務当局が、松岡さんの居住地は日本にあり、日本で納税すべきであると合意したことがわかった。

松岡さんは昨年、東京国税局から追徴課税(更正処分)された際、「居住地はスイスにあり、スイスで納税している」と反論。二重課税を避けるため、両税務当局による相互協議を申し立てたが、松岡さんの主張は今回の合意で退けられた形だ。

関係者によると、松岡さんは2001年、住民票をそれまでの東京都新宿区からスイスのジュネーブに移転。以後はスイスに居住しているとして04年までの3年間、同シリーズの日本での版権を取得した出版社から翻訳料の20%を源泉徴収された以外は、日本で所得を申告していなかった。』

申告漏れはあまり良くない行為ですね。
でも国のシステムってもっと汚いのを知っていた方が良いですよ!

国が税金を取るときは有無も言わさず取るのは当たり前。
民間人に支払うときは申告がなければ払わない汚いシステムなんですよね!
取るモノ取って何とか払わないようにすると言った根端が丸見えですね!
社会保険庁の年金もそうです。
あれだ国がバカやっといて、
やった本人は自分はやってないという顔をして普通に生活しているんですよね!
喉元過ぎればじゃ有りませんが…

公務員の体質を変えていかない限り日本に未来はないです。
スポンサーサイト
別窓 | life | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<振り込め詐欺 / 社会保険庁 | Maybe Next Time | GP-100 / Roland>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。