スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
<飲酒運転>巡査部長の事故を警部補がもみ消し 愛知県警
2007-04-24 Tue 18:53
こんな記事を見つけました。
『愛知県警稲沢署生活安全課の男性巡査部長(58)が同県一宮市で飲酒運転して事故を起こし、この事故処理をした一宮署交通課の男性警部補(41)が飲酒検知を途中で打ち切って飲酒運転をもみ消していたことが24日、分かった。同県警監察官室は犯人隠避容疑で警部補を調べるとともに、巡査部長を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検する。
同室によると、巡査部長は2日午前7時40分ごろ、稲沢署に出勤のため乗用車を運転中、一宮市の交差点で別の車と出会い頭の事故を起こした。双方にけがはなかった。
巡査部長は、事故処理に駆けつけた一宮署の警部補に身分を明かしたが、アルコール臭がしたため、現場で飲酒検知を実施。呼気1リットル当たりのアルコール濃度が酒気帯び運転に当る基準値(0.15ミリグラム)を超えそうになったため警部補は検知を打ち切り、基準値以下で酒気帯びに当たらないとして処理した。
しかし、同日午前9時ごろ、残りの事故処理のために出向いた一宮署で、同署交通課の警部が巡査部長のアルコール臭に気付き、検知結果の数値の低さを不審に思って警部補をただしたところ、検知を中止したことを認めた。同署で再度、検知を行ったが、今度は検知方法を誤り正確な数値を出せなかったという。
警部補は「(巡査部長が)飲酒運転で免職になるのがしのびなかった」などと説明。巡査部長と面識はなく、自分の判断でもみ消したという。
巡査部長は前日の午後7時と同11時ごろ、自宅で焼酎を計3合飲んだ後に就寝。翌午前7時20分ごろ、同県江南市の自宅を乗用車で出勤した。「一晩寝たので大丈夫と思った」などと話しているという。
同室は「全職員に対する職務倫理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。』

これを読んでおかしいと思いませんか?
焼酎を3合飲んだのが前日の午後7時と同11時ごろ。
事故を起こし、飲酒検知を行ったのが午前7時40分ごろ。

さて、基準値(0.15ミリグラム)を超えると思いますか?
更に同日午前9時ごろまでもアルコール臭がするなんて!

どう見積もっても朝方まで飲んでいたのではないでしょうか?
前日の午後7時と同11時ごろ飲んで就寝なんてこの警官は嘘をついているように思えます。
仲間意識で曖昧な取り調べでなく、人々が納得のいく取り調べを希望したい!

公務員は直ぐにうやむやにして減給で済まそうとするのが腹立たしい。

事件を起こしたら即クビ。
退職金も無し。
もちろん恩給も無し!
そのくらい徹底しないと公務員の犯罪は無くならない!
公務員こそ出来心で…は無し!
日本をそう言う国にして貰いたい。
スポンサーサイト
別窓 | 公務員の事件 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<02年度のODA、312億円が使途不明…供与額の99% | Maybe Next Time | 水疱瘡>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。