スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
赤坂議員宿舎、9割が空室
2007-04-22 Sun 14:01
akasaka

朝日より
『「家賃が格安だ」と批判が出ている衆議院赤坂議員宿舎の入居者が22日現在で、全300戸のうち約1割にとどまっていることが分かった。約4割が入居希望すらない状態という。

1日から可能になった入居の状況については、23日の衆院決算行政監視委員会で鈴木宗男議員(新党大地)がただしたのに対し、衆院の鬼塚誠事務次長が答えた。

それによると、会派別の22日現在の入居者は、自民28(割り当ては191)、民主2(同71)、公明0(同19)、共産0(同6)、社民1(同4)、国民新1(同3)、無所属3(同6)の計35人。入居希望者は184人となっている。

鈴木氏は委員会で、「原因は9万2000円という(家賃の)値段にある。世間の常識と離れているから、皆さんが入れない。議院運営委員会で議論してもらいたい」と指摘した。』

自分のことしか考えていない政治家のためにできた宿舎です。
赤坂の一等地で家賃9万2000円です。
日本システムは、金のあるモノが少ない金を払い、金のないモノは多くの金を払う。

政治家に有難うとお礼を言えることをして貰った方はどのくらいいるのでしょうか?
殆どの人が一切の接触もないままだと思います。
そんな中で我々の税金で創られた宿舎の家賃が9万2000円。
おかしな話ですね。

更に緑を潰して参議院議員宿舎を建てようとも言ってます。
議員なんて直ぐに徴集なんてないんだから東京湾に埋め立て地を創って宿舎を建てればいいと思うし、普段は住まないのだから夢の島にでも宿舎を建てれば批判は来ないのではないかと思います。

そうそう佐藤ゆかり議員は「程度問題。(地方選出議員には)この程度の宿舎が必要」と発言したとの記録もあります。


いまの政策を含め、国が批判を出してくださいと民間人へ挑戦状を叩き付けているだけです。
今は政治家万歳の時代じゃないと言うことをわからないとねぇ。

練馬区では”倉田れいか”なる「恋のから騒ぎ」13期メンバーが議員になるし…
日本の足を引っ張る様なことばかり起きますな!

さて、考えてみましょう。
中国、韓国に言われ放題の日本。
アメリカの腰巾着な日本。
こんな日本に未来はあるのでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | life | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<水疱瘡 | Maybe Next Time | 待ちかねた“離婚予備軍” 新制度>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Maybe Next Time |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。